出版物

【地理空間学会が発行する機関誌『地理空間』のご紹介】
地理空間学会の活動や掲載された論文を幅広く認知していただくために,研究室や図書館におきまして,機関誌『地理空間』の定期購読を是非ご検討ください。定期購読していただける場合には,お手数ですが,以下の問い合わせ先にお申し込みいただきますようお願いいたします。各号は定価4,000円で提供させていただいています。公費払等にも対応しておりますので,お問い合わせ窓口よりお申し付け下さい。

【機関誌『地理空間』の発行方法の改変について】
・現行の年2号の紙媒体での印刷・発行は維持する。
・それに加え、オンライン版(電子版)の3号(年度末発行)を新たに発行する。
・シンポジウム報告を含む特集論文は、各巻3号に掲載する。
・特集論文の企画代表者は学会員に限る。ただし、各論文の著者については、会員か非会員かは問わない。
・特集論文の企画は、毎年度9月末日までに企画代表者が事務局(編集委員会)へ申し出る。
・企画代表者は、編集委員会にゲストエディターとして加わり、当該特集論文の査読・編集に携わる。
・特集論文の掲載・発行にかかる実費相当額(2,000円程度/頁)は、企画代表者(または論文の著者)が負担する。
・各巻3号は、発行後速やかに学会HPで公開する。紙媒体の1,2号は、これまで発行から半年後に学会HPで公開していたが、これを変更し次号発行時に学会HPで公開する。すなわち、各巻1号は2号発行時、2号は3号発行時に学会HPで公開する。あわせて、J-STAGEへも年3号のオンラインジャーナルとして登録し,同時期に公開する。(2,3号は同時公開となる。)
・3号の印刷物(有償)を希望する会員は、個別に事務局へ相談する。
・定期購読機関へは,従来通り1,2号を送付するとともに、3号発行時にはその旨を文書で伝達する。
・以上の変更は,2016年度(9巻)から適用する。

・オーバーチャージは、原稿の種別にかかわらず12頁までは無料とし、13〜20頁は1頁について10,000円、21頁以降は印刷にかかる実費(1頁あたり5,000〜10,000円程度)を徴収する。ただし、カラーチャージについては別に定める。これについては、2017年度(10巻)から適用する。

——————————
編集委員会
堤 純(委員長),橋本暁子(副委員長),飯塚 遼,井口 梓,石井久生,磯野 巧,伊藤徹哉,
大石貴之,片岡博美,久木元美琴,小島大輔,佐藤大祐,田中耕市,淡野寧彦,平井 誠,
福本 拓,藤田和史,仁平尊明,林 琢也,山本健太,吉田道代
(編集書記):小野澤泰子,益田理広,渡邊瑛季,本多広樹,遊佐 暁
——————————